男性看護師は貴重な存在

ところで、知り合いに医療関係の仕事をしている奴がいて、そいつ話だと最近は男性の看護師も増えているらしい。
弟のように男性で看護師を目指している人も最近は割と多いようで、現場の人数も少しずつ増えてきているそうだ。
特に大きい病院だと、ある程度まとまって配属されているという話だ。
そう言えば、以前親戚の見舞いにある市民病院に行ったときも担当が男性看護師だった記憶がある。
しかし、昔ほどではないにしてもやはり男性の看護師というのはまだ珍しいような気もする。
その看護師に会ったときも親が珍しがっていたし、自分も「男の看護師なのか」と思ってしまった。

実際、男性看護師というのはまだ少ないこともあって男手がいるような所に優先的に配属されているらしい。
それは救急関係とか精神科といった分野が多いらしく、弟がなりたいフライトナースというのもその一つだそうだ。
確かに、看護師の仕事は今でもほとんどが女性の仕事という印象だが、実際の仕事はかなり体力もいると思う。
人を動かしたりするのにもかなり力が必要だし、それこそ男がやった方がいいような事も多いだろう。
弟はずっとスポーツもやっていたので体力には自信がありそうだし、その点は大丈夫だと思う。
それから、男性看護師は男性の患者からは意外と人気があると聞いた。
確かに、自分が入院している立場として、若い女の子の看護師だと恥ずかしいということもあると思う。
女の看護師に頼みにくい事を敢えて男性看護師に頼むような人もいるに違いない。
その点、相手が男なら気軽というか、そう気にしなくてもいいように思えるし、その話は納得できる。
だから、弟のように看護師を目指す男はなかなか貴重な存在かもしれない。
ただ、実際に働くのはほとんどが女性の職場なので、その辺りをうまくやっていける事も必要条件のようだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です